建築は間取りと屋根と断熱材を考慮

新築を作るときに、その建築についてどのようにしたらいいのかと思います。特に建築の中でも、屋根や間取り、断熱材が重要であると思っています。ここでは、その重要な点とお金のことについてお話します。

・間取りは慎重に考える

間取りについては、建築をするときに一番慎重に考える内容です。それは、さっと変更させることができないからです。ほかの部分は、リフォームなどで変更させることができるのです。しかし間取りについては、そうはいきません。

私の家の場合は、リビングをかなり広くしたつもりだったのですが、やっぱり狭く感じるようになりました。そこで、隣にある和室の部屋をリビングにしたら良かったと思うことがありました。子供が大きくなるにつれ、より感じたことなので慎重に先のことまで考えて決めるようにしたら良かったと思っています。

・屋根に関すること

屋根に関しては、全く関心がありませんでした。大体の人は、屋根についてそんなに関心を持っていないと感じます。しかし考えてみると、家を守っているのは屋根なのです。そこで、どんなものにしたら良かったのかと考えています。今のところ、トラブルはないので建築会社のアドバイス通りにして良かったと思っています。

・断熱材に関すること

断熱材については、必ずいいものを使いたいと思っていました。それはなんと言っても、私が寒がりだからです。寒がりの私は、夏よりも冬が苦手です。そのことから、家の断熱材に関しては、いいものを使いました。そしてそのことは、とても良かったと思っています。

・家つくりに必要なお金

家を作るときに、必要となるのはなんと言ってもお金です。お金がないと、前に進めるんことができません。そして更に、進んで行くとまたよりお金を貯めることを思うのです。それはやっぱりいいものを作りたいからです。

私の場合は、家を作ると決めた時からガッツリ貯金を始めることにしました。貯金をするのは、通常は苦しいことなのですが家を作るという目標があるのでそのことが楽しいと思えたのです。

これだけあれば十分と思っていた貯金ですが、その後に家つくりを進めることにより、やっぱり足りないと思うことがありました。妥協をしたくないと思ってしまったからです。そしてますます貯金をすることになったのです。

そして今は、そのように頑張ったことについてとても良かったと思っています。一生住み続ける満足できる家を手に入れることができました。