望みが叶った新築を建てました

  • by

以前から住みたいと思っていた木造の新築注文住宅の家をついに建てることが出来ました。以前から、木造の家には憧れがあったので何回も住宅公園にいろんな会社のモデルハウスを見に行って、自分の本当に望んでいる物が何かをはっきりさせることを1年近く続けてきました。集合住宅でずっと暮らして生きたので、子供のころから木造の戸建ての家にはなんとなく憧れがあり、家を建てるならば、木造の注文住宅にすると決めていました。ただ、それをもっとリアルなイメ-ジにする作業を家族で進めてきました。妻の希望である新築であるということがはっきりしましたし、子供たちの様々なリクエスト、例えばベランダを広めにとって有り、ちょっとしたパ-ティでもできるようにするには注文住宅でないといけないこともわかりました。土地を元々、親から譲り受けていたので、新築の注文住宅という形を実現することが出来たのは、ラッキ-としか言えなかったことです。中古住宅でも。大体リクエストがかなう物件は有りましたが、新築でなくなるのでダメで困っていたのですが、親の土地の上に建てられたので、全ての要望がかなえられたと言えるでしょう。ただ親には賃料という形で、返済をこれから始める必要はあるのは、致し方ないことでした。